2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
16曲目「エスタンピー」
2005.12.06 (火)
久々のオンガク更新です。
今回は、普段なかなか聴く機会はないと思われる古楽器で演奏される曲を
紹介してみたいと思います。

Tablatura(タブラトゥーラ) 「エスタンピー」
kani.jpg

↑をクリックするとタブラトゥーラのHPに移動します。

これは友人に教えられて初めて聴いたのですが、初めて聴いた感想は、
これって生演奏!?という感じでした。
今までこういった曲は大好きだったのですが、ジャンルも分からないし誰がやってる
のかも分からず、ゲームミュージックの一部でしかお目にかかることはできなかったのです。
なので勝手にこういうオンガクは打ち込みなのかな~と思い込んでました(-ω-)

さて、この古楽器バンドですが、5人編成でそれぞれいくつかの楽器を担当して
いるそうです。その中で個人的にはフィドルに目がいってしまうのですが、これは
いわゆるヴァイオリンとは全く違う楽器です。
奏法はよく分からないのですが、とある人と話したところ、古楽器のフィドルとは
たしかという意味だそうです。
確かに肩に乗っけて弾いてますね。ただ、昔は肩に乗せるのではなく、肩より少し
下のあたりに押し付けて弾いていたらしいですが。

問題の曲は、パーカッションが印象的で、フィドルとリコーダーがメロディを
弾いています。曲の感じは結構激しく、曲調はなんというか、FFの戦闘音楽に出てきそう
な感じです。分からない人には分からない説明ですね(-x-;
これを教えてくれた友人の話によると、ゲーム音楽ではなくて一応クラシックに属するのでは
とのことで、クラシック音楽の新たな一面を発見したような気持ちです。

ちなみに、紹介した曲ではありませんが、同じアルバムの「エル・ソンブレロ」
という曲や他のCDの視聴がコチラの「CD」からできますので
是非聴いてみてください。楽しい音楽や幻想的な歌が聴けると思います。

余談ですが、「エル・ソンブレロ」を聴くとTales of Destiny(テイルズオブディスティニー)
を思い出すのは私だけでしょうか( ̄¬ ̄)

今回はクラシックのはずなのにゲームの話ばっかですみません(-ω-)
スポンサーサイト
記事編集12:22| オンガク| トラックバック:0| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除に必要
非公開 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。