2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
秋の風
2005.09.18 (日)
今度のライブに向けて、30曲を無理やり詰め込みつつ頑張ってるバンドメンバーたち
な訳ですが、こうも練習練習だとさすがにお疲れ気味な様子。
確かに1週間もないのに30曲すべてをある程度のレベルまで持っていくのは
難しいですが、自分たちが今出来る一番いい演奏を聴いてもらいたいのは確かなので
みんな無理だ無理だと言いながらも頑張っております。

昨日も練習していたのですが、ふと焼きさんまの匂いがしてきました。
その匂いにやられて無性にさんまが食べたくなったので、さんま焼きたくない?
と提案したところサークルのメンバーたちもノリノリだったのでやることに。
気の利く方が鍋まで作ってくれるということで、炭火焼きさんま&キムチ鍋の会
が開かれました。

練習も早々と切り上げ、鍋たちの待つ部室へ( ̄¬ ̄)
ちょうど第一陣が終わったところで汁もいい感じだったので、残してもらってた
具たちを放り込み、鍋をいただきました。

残るはメインのさんまたち!
というわけで、鍋を食べ終わっていた人たちが既に炭を起こしていたのでその場所へ。

焼かれるさんまたち↓
さんまーず
炭火焼きのはずが、さんまの油によってできる激しい火での直火状態でしたが
すごく美味しく焼けました(≧▽≦)ノ

もう夜は涼しく、秋の風を感じながら皆で食べるさんまは格別でした。

とでも言えば風流なのでしょうが、実際は

ただのさんまの奪い合い

これが一番正しいかもしれません。
焼けたさんまが並べられると、「よーい、はじめ!」の掛け声とともにさんまだった
ものが一瞬できれいな骨になっていきました。
暗くて手元が見えなかったので、みんなとりあえず箸に当たったものを口に運ぶので
「にがっ」とか「痛っ」など様々な声が飛び交いましたが、さんま自体はとても新鮮
でおいしいものだったので趣のあるなしはともかく、とりあえずおいしくいただけました(-ω-)

今日は十五夜。今日も月を見ながら何かやるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト
記事編集11:31| 雑談・日記| トラックバック:0| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除に必要
非公開 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。